苦しい 苦しい 苦しい時を今すぐ和らげる方法

苦しい・苦しい・苦しいと思っている時に、何をすると、和らぐのでしょうか?

今、1回だけでも、息を吸うことはできますか?

いますぐ、苦しさから逃れるため方法は、呼吸をすることです。もしできるのなら、深呼吸をすることです。

呼吸できた方は、呼吸とともに、好きとキライ、愛情の裏返し、一進一退、好転反応など、矛盾を感じる世界を見てみましょう

命の線…

人には見えない線がついていて、線からエネルギーが送り込まれています。へその緒のような、命の線とも言える大切な線が昔から、生まれた時からあります。

そんな大切な命の線を、誰もが1本持っています。

その命の線を踏まれると「ウッ」と思います。

線を踏んでいると、段々とショボンとします。踏み方は色々あり、踏み続けるとペッタッとなります。

仕返ししてやろう

人に何かイヤなことをれて、ウッと思った瞬間に、仕返ししてやろうと、相手の命の線を踏むこともあります。

次は相手が「ウッ」となります。

命の線の踏み方

命の線の踏み方は色々とあります。

怒りをぶつけることは、ギュッと相手の命の線を踏むことです。

不機嫌な態度を取ることは、ジンワリと相手の命の線を踏むことです。

無視することは、相手の命の線をぶった切ることです。

足ではなく、何かを持ち出してきて、線に仕返しをしようとしているのかもしれません。

正論をかざして相手を攻撃することは、バシバシ相手の命の線を踏むことです。

他にも、知らない人の悲しい顔や、痛そうな顔を見てもギュッとした気持ちになることもあります。

人は知らず知らずのうちに、人の線を踏んでいることがあるかもしれません。それに気づくために自分がギュッとした気持ちになるのかも知れません。

自分で自分の線を踏む

自分で自分の命の線を踏むクセがある人もいます。

罪悪感を感じでギュッと締める…

羞恥心を感じてギュギュギュと締めて、前に進ませない…

無力感を感じて、縮こませる…

不安を感じてギューッと動かない…

自分なんてキライ!と憎しみ、ギュッ握って手を離さない…

プライドが高く「そんなのでは認められない!」と締める方法もあります。

あの人が線を踏んだ!

そのように見えても、よくよく見てみると、踏んでなかった勘違いがあるかもしれません。

自分で自分の線を踏んでいることに気づくのは、少し慣れが必要です。

苦しい・苦しい・苦しい時を少し楽にする方法

ほんの少し、苦しい・苦しい・苦しい時を想像してみると、あなたの大切な命の線はどうなっていますか?

少し楽にする方法は何でしょうか?

今すぐ逃げる必要もあるかもしれません。命の線を地中に隠すことかも知れません。

もしかして、人の線を踏んでいることで、苦しかったのかもしれません。踏み続けるのも疲れます…

自分の線を足で、踏んでいたかもしれませんし、手で締めているかもしれません。

手や足で踏んでいるのを外してみましょう。

誰の線も踏んでないし!自分の線も踏んでない!

軽く足を乗せる程度、気づかれない程度にゆる〜く線を締めている可能性もあります。

今は、命の線がボロボロに見えるかもしれません。自分で空気を送り込むこともできます。

線を締めることをやめれば、すぐにピカピカのつるつるに変化していきます。

今、深呼吸をしてみてください。呼吸を何度もしてみると、どのような些細な変化がありますか?

それに、気付けるのは本人だけです。

今は呼吸だけに集中して…

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。