安心するために必要な物・場所・考え方

これを忘れたからヒプノセラピーができないといった物はありませんが、安心してセラピーを受けることは、セラピー効果を高めることにつながるかもしれません。

より効果を高めたい方へ、知っておくとよい事をお伝えいたします。

安心してヒプノセラピー(催眠療法)を受けるために必要なもの

これを忘れたからヒプノセラピーができないといった物はありません。しかし、ヒプノセラピーは思考の整理や感情の整理といった潜在意識を開く作業をしていきますので好ましい物があります。

準備するもの

  • 締め付けていない服
  • 飲み物
  • ハンカチ・ティッシュ

服は心のよろいと言われていますので、スーツや締めつけ感のある服は、ジャケットを脱いだり、ベルトを緩めておきましょう。身体からリラックスできるように整えると安心感や効果が増します。

また、話すことでノドが乾く可能性がありますので飲み物を準備しておくと良いかも知れません。

そして、潜在意識に入っていく時に涙が出たりすることがあります。ハンカチ・ティッシュを持っていると安心できます。

安心してヒプノセラピー(催眠療法)を受けるための環境作り

最近ではオンラインでもヒプノセラピーを受けられる所が増えてきています。その場合は、自宅やオフィスでヒプノセラピー(催眠療法)を受けることになります。

環境づくりのポイント

  • 座れる場所や椅子を準備する
  • 必要な物を置いておく
  • 静かに集中できる場所にする

事前にセッションを受ける場所を決めておきましょう。また、その周りに必要な物を準備しておきましょう。

さらにセッションの効果を出したい方は、セッションに集中できる環境作りをおすすめします。

自宅やオフィスにより集中できる環境作りのポイントは異なりますが、このような点を考えてみてください。

集中するためのポイント

  • 部屋に人が入ってこないように伝えておく
  • 玄関のピンポンが聞こえないようにする
  • スマホや電話が鳴らないようにする
  • セッションをPCでする場合、仕事やメールなどが目に入らないようにしてページを閉めておく
  • 目に入る範囲を整理整頓をしておく

ちょっとした工夫で超集中できる状態を作り出すことにもつながります。もちろん準備していなくてもヒプノセラピーの効果は十分に得られますので、できる範囲で構いません。

安心できる場所

何度もお伝えしていますが、催眠療法は安心できるかどうかが最大のポイントになります。解決したいテーマによっては性別も関係するかもしれません。

そのヒプノセラピスト、催眠療法士の前で目を閉じていられる安心感がある、ところで受けることをオススメします。そのように考えると、オンラインや電話でのセッションは余計な雑念が入りにくいのかもしれません。

安心できるセッションタイムにする方法

セッション後の予定はどのようになっていますか?タイトスケジュールの場合や、のんびりできる場合もあると思います。

セッション後のスケジュールに合わせて、終了時にどのような状態になっていたいかをセラピストに伝えておくのも1つの手です。

ヒプノセラピー(催眠療法)で知っておくと便利なこと

相談、カウンセリング、コーチングなどのご経験がありますか?人によって方法は様々になりますので、何を得られるのかを確認しておく必要があります。

ちなみにヒプノカフェでは何が問題になっているのか?どのようになりたいのかを決めていきます。そして、ヒプノセラピー(催眠療法)で知っておくと驚かないで済むことがあります。

知っておくと便利なこと

  • 香りや音を使ってリラックス状態に入っていく流派がある
  • 質問に答えるのに時間がかかってOK
  • テレビとかで見た記憶でOK

リラックス状態に入っていくことを目的に、香りや音や言葉などで入っていきます。流派によって催眠導入方法が異なります。

また、ヒプノセラピーの体験談を読んだことはありますか?「ガンジス川に入っていて水浴びをしています」などと書かれていた場合、実際のセッションではこうです

「あれ?なんだろう?水っぽいけど・・・う〜ん、分からないな〜、え〜色は茶色?え、、、明るい外みたい、、、川なのかなぁ?やっぱりよく分からないです」というところを通じ、最終的に紙面と時間の都合で、「ガンジス川に入っていて水浴びをしています」という一文になります。

慣れているヒプノセラピストがクライアントになる時ですら、そのようになりますので大丈夫です。

潜在意識を言語化して、意味を理解するのには練習が必要になります。だから、プロのヒプノセラピストに無意識や潜在意識のメッセージを紐解くのを手伝ってもらいましょう。

そして、この景色はあの時テレビで見た!あの絵本で見た記憶に違いない!と思って大丈夫です。見えているだけで、聞こえているだけで、感じているだけで大丈夫です。うまくガイドをしてもらえるはずです。

まとめ

セッションを受ける場合は、安心できるとリラックスできて効果の高いセッションにつながります。

ヒプノセラピー(催眠療法)を受ける時に必要な物は特にはありませんが、あえて、お伝えするとこのような物があったり、環境を整えたり、知っていた方がいい考え方になります。

もしかしたら、よく分からないけれど何か良さそう、と思っているぐらいが効果を感じやすいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。