効果を出すための時間帯は?

ヒプノセラピーは時間帯を選ぶことなく、いつでも高い効果が望めます。

少しでも効果を高めたい方に効果的な時間帯をお伝えします。

ヒプノセラピー(催眠療法)セッションを受ける時に一番よい時間帯

効果を出すために一番よい時間帯は、無意識や潜在意識にアクセスしやすい時と言えます。

それは、安心してリラックスできている寝起きや、寝る前です。この時間帯にすることで、自然と無意識や潜在意識にアクセスできます。

一番効果が出る時間帯

  • 安心してリラックスしている時間帯
  • 寝起き
  • 寝る前

しかし、ヒプノセラピストは催眠状態にもっていくプロですので時間帯は気にしなくて大丈夫です。

もし、自分でピノセラピーをする場合は、寝起きや寝る前にすることでより効果的になります。

寝る前にしてそのまま寝てしまうのも、よい睡眠につながります。

時間帯よりも大切なこと

ヒプノセラピー(催眠療法)で見つかった潜在意識からのメッセージは、なにか意味がある、次の段階に進むためのヒントかもしれません。

潜在意識からのメッセージを大切にすることは時間帯を気にすることより大切です。

どこにメモする?

  • 手帳に書き留める
  • ノートに残す
  • スマホに残す

さらに、効果を出すためのちょっとしたコツは、潜在意識の言葉をいつも思い出すことです。例えば、決まった時間に思い出すことも有効です。

いつメモを見る?

  • 朝手帳を見る
  • 家を出る時思い出す
  • 起きたら思い出す
  • 歯を磨く時に思い出す

自分にあったルール作りや習慣化はうまくいくための1つの方法になります。それをできると自信が生まれます。そうすることで良い循環を作り出す力となります。

時間にこだわるよりは

ヒプノセラピー(催眠療法)以外にも潜在意識に入る方法はたくさんあります。

マインドフルネスや瞑想やヨガなどの回数が増えると無意識や潜在意識へのアクセスもしやすくなります。

時間にこだわるよりは、回数を増やしてみるのも大切なことかもしれません。

まとめ

ヒプノセラピー(催眠療法)を受けるために理想とする時間は特にありません。自分でヒプノラピーをするのでしたら朝晩がよいかもしれません。

潜在意識のメッセージのちょっとした大切にする方法と、回数を増やしていく大切さもお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。